2色成形について
2色成形とは

コストダウン
品質向上

考えてみませんか?

2色成形(二色成形)は、ダブルモールドとも呼ばれ、一台の射出成形機に2つの射出シリンダーと2つの金型が付いており、金型内で異種材を熱溶着させる技術です。
ユニオン合成では単に色違いのプラスチックの組合せではなく、「硬質プラスチック+TPEの2色成形」など、新たな材料で更なる付加価値のある2色成形を提供いたします。相性の良い材料の組み合わせ、作業工程の削減、品質の安定性を使用用途に合わせて最良のご提案をさせていただきます。

2色成形の4つの特徴

  • 納期を短縮できる

    納期を短縮できる

    ひとつの工程で完成するため、短納期を実現。

  • 後工程なしで効率UP

    後工程なしで効率UP

    インサート成形や組付け作業、溶着作業などの後工程が不要。

  • 品質の安定

    品質の安定

    自動成形のため、成形のバラツキがなく、安定した製品品質が保てる。

  • 製品のバリエーションが増える

    製品のバリエーションが増える

    異素材、多色の組合せが可能。デザインのバリエーションが増えます。

2色成形のしくみ

2色成形は、射出成型機を使用し、アニメーションのように、
①1種目の樹脂を注入
②2つの金型を180°回転させて2種目の樹脂を注入
③型から取り出す
という手順で制作します。
異素材や異なる色を自動で接着させるため、後工程が不要になり、コストダウンにつながります。

2色成形の金型を作る前に流動解析で確認できます。

2色成形など成形やその他技術に関する
お問合せ、お見積りなどはお気軽にどうぞ

03-3967-5266

受付時間9:00~18:00
定休日土・日・祝日