流動解析について
流動解析の活用

流動解析では、
色々な現象の予測検証が可能です

ソリ、ヒケなど具体的な例とともに、流動解析をご紹介します。

1. 金型冷却不良による箱型形状のソリ現象の予測と対策

箱形状でソリによるトラブルで困ったことはありませんか?
金型コア部の冷却不良が原因かもしれません。

2. ヒケ現象の予測と対策

設計時にリブやボスなどの厚さの設定に悩むことはないですか?
的確な厚さの想定ができます。

3. 変形量の予測と対策

円筒形状などで真円度が出ないときがありませんか?
ゲート方式などにより変形量について予測できます。

弊社ではインサート成形、2色成形のそり解析・ヒケ解析も可能です。

4. 多数個取りでのランナーバランスの予測

多数個取りで流れの不均一による不良が発生するときはありませんか?
想定したランナーパターンが最善なのか検証することができます。

5. 適正型締め力の予測

複雑な形状の製品で適正成形機の選定に悩むことはありませんか?
保有成形機で検討製品が何個取りまでできるか悩むことはありませんか?
想定した成形条件を設定することにより必要型締め力が予測できます。

2色成形など成形やその他技術に関する
お問合せ、お見積りなどはお気軽にどうぞ

03-3967-5266

受付時間9:00~18:00
定休日土・日・祝日