流動解析について
流動解析とは

事前の流動解析検証により、
無駄な工数・費用の削減
可能です

ソリ現象、ヒケ現象、真円度が出ない、多数個取りで流れの不均一による不良の発生、複雑な形状…
さまざまな不良品によるトラブルを事前に防ぐためには、流動解析による現象の予測が有効です。弊社では解析結果を分析し、お客さまのよりよい製品造りをお手伝いさせていただきます。

流動解析の特長

  • 納期を短縮できる

    設計構想段階での形状検討

    設計構想段階での形状検討にご活用いただけます。

  • 後工程なしで効率UP

    問題点の予測検証

    起工前段階での問題点の予測検証が可能です。

導入ソフト

Timon Mold Designer(TMD)

簡易解析・解析速度が速い

  • お客様と打合せ時に簡易解析を行うことができます。
  • ゲート位置の違いによるウエルド発生場所の確認できます。
  • ウェルド発生位置から、ガスベントの設置位置が推測できます。
  • 多数個取りでのランナーバランスや流動バランスの確認ができます。

3D TIMON

実際の成形に近い精度の高い解析が可能

  • 2色成形解析
    2色成形時の温度分布、一体でのそり変位量の解析ができます。
    詳しくはこちら
  • 充填解析
    流動パターンからウエルドの位置・ガスベントの位置の予測だできます。
    必要型締め力の予測ができます。
    圧力結果からバリの予測、温度結果から発熱の予測ができます。
  • 保圧冷却解析
    樹脂温度や圧力、冷却時間から成形後の収縮歪みを予測できます。
    ゲートシール時間の算出により必要保圧時間を想定できます。
    成形サイクルの予測が可能です。温度結果からヒケの予測が出来ます。
  • 繊維配向解析
    ガラス繊維配向によるソリ発生の予測ができます。
  • ソリ変形解析
    収縮率・変位量・ヒケ・真円度・平面度の解析ができます。
  • 金型冷却解析
    金型温度の変化による解析や金型冷却管の配置の解析ができます。

AMDESS for 3DTIMON

TIMONでの解析結果を元に、最適なパラメータを自動で計算してくれます。

  • ウェルドライン位置の制御
    ウェルドラインを出したくない位置を指定すると自動でゲート位置を計算してくれます。
  • 型締め力の低減
    必要最低限の型締め力を計算してくれます。
  • そり低減
    そりに有効なゲート位置や肉厚を計算してくれます。
  • 充填バランス
    多点ゲート時の充填バランスのいいゲート位置を割り出してくれます。
    多数個取りの製品の充填バランスのいいゲート・ランナーの大きさを自動で計算してくれます。

詳しくは東レエンジニアリングのホームページにて

解析結果から、製品造りをサポートします。

流動解析ので検証した「樹脂の配向」や「充填時圧力分布」、「ガスベント予測」などの解析結果から、製品造りをサポートいたします。

  • 製品設計
    形状検討段階で製品成形性を検証し、
    予測される不具合・対策形状のご提案ができます。
  • 金型設計
    ゲート位置など金型構造の妥当性を検証し、
    製品性能に影響を与えない構造検証が可能です。

2色成形など成形やその他技術に関する
お問合せ、お見積りなどはお気軽にどうぞ

03-3967-5266

受付時間9:00~18:00
定休日土・日・祝日